だから、僕はアルバイトを辞めた

だわさ!よしはら(@448ra_)です!

f:id:kuritanikoku0902:20180815043440j:plain

こないだ、僕はアルバイトを辞めました(2018年4月1日)

4ヶ月と29日間働きました。

今回はその件を話していきたいと思います。

はっきり言うと、合わない職場だった

辞めるきっかけになった1つ目の原因は合わない職場だったからです。

業種は言えないんですが、「古めの体育会系」の職場でした。

インドア文化系の僕には最も合わない職場だったと思います。

上司の言う事は神の啓示」みたいな感じで上司絶対主義でしたね。

自分の失敗じゃなくても、理不尽に自分の責任にされて、よく怒鳴られてましたね。

その冤罪に反論すると、さらに理不尽に怒られました。

反論しないのが正解なのかもしれませんが、冤罪を認めると、さらに冤罪を認めざるを得なければならない。

これがものすごく辛かった

どうしても合わない上司が存在した

2つ目の原因は人間関係ですね。

男性の上司とは上手くやれていたんですが、女性の上司とはひどい関係でした。

僕の直属の上司が全女性社員のボス的存在の人で、その人にものすごく嫌われていたので、基本的にマイナスに見られてました。

アルバイト最終日はその上司と大喧嘩になり、ラスト1時間は直立不動で突っ立っていろと言われ、突っ立ってました。

究極的にマイナスなくじを引いてしまった、これだけで辞めたくなるものですね。

f:id:kuritanikoku0902:20180401162209j:plain

嫌いな事をしたらいけない

就職する時に「好きなことを職に就くよりも安定する職に就け」と言う言葉を聞くと思います。

これは違うと思うようになりました。

この世の中に本当の意味で安定するものなんてどこにもないと思います。

日本の就職形態は終身雇用なので、基本的には解雇されません。

ですが、解雇に出来ないなら、自主解雇をさせればいい

f:id:kuritanikoku0902:20180401162322j:plain

職場に人がいて、気に食わない人がいれば、自主的に解雇にさせようという考えの人が多いのです。たとえ、自分に仕事の負荷が大きくなるという代償を得たとしても。

人と人が喧嘩するのは常に感情の縺れ

だから、何かが起きれば、安定なんてなくなる。

安定を求めるだけで好きでもない会社に就職して最悪よりも、好きな仕事をやって駄目だったときの方がダメージは少ない、悔いは残らない、時間の無駄じゃない、、、、

要するに、好きなことやった方が一石無限鳥だわ!!

バイトを辞めてこれからは・・・

これからはとりあえず在宅で小さく稼ぐ!

僕は外に出て生きるよりも家の中で生きる方が性に合っている。

だから、ブログで色々な情報を提供したり、クラウドソーシングで色々な仕事をしたりしていく予定です。

後日談(2018年8月7日)

f:id:kuritanikoku0902:20180815043331j:plain

上の記事から約4ヶ月が経ちました。

現状、僕はただの大学生です。

あの後すぐにクラウドソーシングでの在宅ワークを開始しました。

もちろん、何も持っていない大学生がやれることはたかが知れています。

あの時はタスクと呼ばれる1件約10円ぐらいの案件を無作為にこなしていました。

その後に1件350円程度の動画の編集の案件に辿り着きました。

そんなこんなで4月は終わり、合計金額は3000円。

まあ、割と開始1ヶ月目にしては上出来なのではないか

5月6月ではアニメの考察を中心にしているサイトのWebライターとして働き始めました。

6月の末で、ようやく月1万届くかどうか。

7月は学校のテストやレポートなどもあって、8000弱程度です。

順調なのかどうかは分からないですが、根拠のない自身が出てきました。

 

また、年末に述べるわー