友達のアルバイト先の上司の陰湿な粘着がヤバい件【ブラックバイト】

だわさ!よしはら(@448ra_)です!

今日は「本当にあった大学生のバイト怖い話」をしていこうと思います。

こないだ、大学の友達と飲みに行ったときにバイトの愚痴を聞きました。

今日はその話をしていこうと思います。

f:id:kuritanikoku0902:20180814040215j:plain

弁当屋老害上司がいる

よしはら「そもそも、どんなバイトやってるの?」

友達「週3で弁当屋の夜番で働いているわ」 

よしはら「どう?楽しい?」

友達「稼ぎは良いけど、そこでマジでめんどくさい上司が1人いるんだわ・・・ そいつのせいで楽しいとは言えないんだよな・・・」

よしはら「そんなにヤバい上司なの?なになに?教えてww」

友達「50後半~60前半くらいにかけての社員のおじさんがいるんだわ・・・」

美人局まがい事件

友達「美人局って分かる?」

よしはら「あれだろ。"つつもたせ"ってやつだろ。女性が男性を上手く誘惑して、指定の場所まで誘き寄せて、アレやコレをしているうちに、女性のバックについている男が現れて、"俺の女に何をする"とか言って、誘惑された男をゆする奴だろ? それがそのアルバイトと何か関係あるのか?」

友達「うちの弁当屋って夜になると、値引きセールを行うんだわ。ほら、スーパーとかでよくある奴。」

よしはら「あー。ありますねえ。」

友達「俺がルールを知らなかったのも悪いんだけど、値引く時間でも、客に頼まれて物を値引くのってタブーなんだわ。どうせ値引くし、サービスという事で、ある主婦に頼まれて、値引きをしてしまったことがあるんだ。」

よしはら「それはやらかしポンチぷーですねー」

友達「この主婦なんだけど、そのパートのおじさんの女房なんだわw」

よしはら「ふぁ?」

友達「それで、その旦那の上司が俺を個室に呼び出して、説教。」

よしはら「うわ。なんちゃって美人局やんけ。」

友達「あれはマジで腹立ったね。"うちのカミさんに笑顔で値引きしてどういうつもり?"とか言い始めたのはガチで惹いたわwww」

よしはら「露骨にカミさん自慢かよwwww そのカミさん可愛かったの?」

友達「うん!可愛かった!アイツには勿体ない!」

よしはら「・・・」

治療発言

f:id:kuritanikoku0902:20180814040215j:plain

友達「そもそも、その人と性格が合わないんだよねw」

よしはら「年代が離れているのもあるだろ」

友達「それもそうなんだけど、そのおじさんは一度こうだって決めつけると、考えを一切変えない質なんだよね。第一印象で全て決めてしまう奴だね。」

よしはら「あー。多い。多い。」

友達「歳も歳だし、記憶のズレや話の盛り方が半端ないんだよな。自分に絶対的な自信を持ちすぎて、否定をしようにも、無駄だなと思ってしまう。」

よしはら「その職場大変だな。」

友達「俺達ってサークルやゼミを全力でやっているタイプじゃないじゃん」

よしはら「俺に至ってはゼミが嫌過ぎて編入するレベルだしなwwww」

 友達「そういう半端なのが許せないらしいんだよね。」

 よしはら「そんなの人の勝手だろ?」

 友達「マジでそれ。ソイツが俺の陰口を他の従業員に一方的にしているのを聞き、"アイツのあのような所を治療しないといけない"とか言い始めたんだよね」

よしはら「それはヤバいわ。」

友達「まださ、洗脳するって言われた方が良いわ。」

よしはら「その気持ちわかるわ。洗脳するって普通の人を自分の思い通りにするって意味だと思うけど、治療するって言われると、自分の考え方がまるで病気だから治さなきゃいけないって感じで質が悪いよな。」

友達「全くその通り。俺の人生がまるで癌か何かだと思う。」

よしはら「大丈夫。お前の人生が癌ならば、大学入試サボって母親に遭遇しかけたり某ライブチャットに借金してまで注ぎ込んだ俺はなんなんだよ、、、」

甘えてやがる契約社員がいる

よしはら「まあ、こんな仕事なら、仕事を辞める?」
友達「俺、奨学金で大学入ってるからさ。返さないといけないんだよw」
よしはら「苦労人だな。シフトって変えられないの?週3勤務で全部その社員ってわけじゃないだろ?」
友達「週3のうち、週2がそいつ。もう1日はめっちゃ優しい人。」
よしはら「週2両方とも変えるのは不味いと思うけど、1日だけでも変えられないの?」
友達「俺の入っていない日の4日って若い契約社員が入ってるんだけど、こいつが俺と週1で働いている優しい人としか働かないんだわ。」
よしはら「え?なにその契約社員?」
友達「一度会ったことがあるんだけど、俺より弱そうな感じ。直接は聞かなかったけど、あの老害社員と一緒に働きたくないから、老害社員の入ってる日程にシフトを置かないようにしてる感じ。明らかにわざとやっているようにしか見えない。」
よしはら「随分と甘えてるな。」
友達「確かに気持ちは分かるんだけどさ。契約社員なんだから、甘えは許されないだろ。俺もバイトの契約の時にその契約社員が入らない日に入るという感じだったからさ。」
よしはら「なるほどね。週1ぐらいはシフト入れてもいいんだよな、、、」
友達「本当にあの女のせいで迷惑してるわw」
よしはら「ん?女?その契約社員って女性なの?」
友達「女性だよ。あれ、言わなかったっけ?」
よしはら「おまえ、それはそんな老害と仕事させちゃ駄目だろ!セクハラにあったら、どうする?それはお前の考えの方が甘えているわ。」
友達「・・・」
よしはら「悪い悪い。俺がいいバイトを教えるから、許してよ。」
友達「お?マジで教えてくれ!!」
よしはら「30分で・・・5万!」
友達「それだけは乗らんぞwwww」