歴代イナズマイレブン6作品のゲームのランキングを公開します!!

皆さん、「超次元サッカー」という言葉を知ってますか?

普通のサッカーのように見えて、普通のサッカーではない。

  • 選手は常人じゃない身体能力の持ち主
  • ボールは炎や氷を纏ったりする
  • ボールを爆破されても元に戻る
  • どんなことがあっても、ゴール網が破れない
  • 手から波動を出してシュートしてもハンドにならない

などなどである。

この超次元サッカーをするゲームがある。

それがイナズマイレブンである。

f:id:kuritanikoku0902:20180405201215j:plain

(© LEVEL-5/FCイナズマイレブンテレビ東京)

 

この作品は2013年の末に出たシリーズで完結してしまったが、2018年に新作のゲームが出ます。

そして、2018年4月6日(金)からイナズマイレブンの最新作「アレスの天秤」がテレビ東京でアニメ化します。

今回は今日(4月6日)に僕が勝手に決めた「歴代イナズマイレブン6作品」を紹介していこうと思います。

第6位 イナズマイレブンGOシャイン/ダーク

f:id:kuritanikoku0902:20180725014206p:plain

(出典:amazon.co.jp)

天馬世代の1番初めの作品である。

あらすじ

日本の少年サッカーが10年前に天下を取り、日本のサッカーの地位が高まった。

次第に、学校のサッカーの強さ=学校の社会的地位という方程式が成り立ってしまった。そのため、全ての学校が平等に地位を保つために、「フィフスセクター」という管理組織が八百長試合を斡旋するようになった。

門中学に入学した新1年生の松風天馬はこのような事態を間違っていると捉え、仲間と共に現状のサッカーに革命を起こしていく。

6位の理由

このゲームが6位の理由はラスボスがとても微妙である。

幼少期の頃にサッカーすることが許されなかった黒幕の息子がラスボスなのだが、なんといってもキャラが弱い。ゲームはラスボスが全てと言っても過言ではないのだが、ラスボスよりも一個前の太陽くんの方がラスボスぽかった。

この作品は天馬世代の初作品でキャラが定まっていないのもあり、キャラクターがたくさん増えたから、付いて行かれないところが多かった。

だが、中盤から、あるキャラクターに愛着が湧く様になった。

そのキャラは「チームの裏キャプテン」の異名を持つGWの三国太一である。

f:id:kuritanikoku0902:20180406170710j:plain

(© LEVEL-5/FCイナズマイレブンテレビ東京)

前作のGWは主人公の円堂だったので、主人公補正もあり、セーブするところではセーブしていた。

だがしかし、この三国先輩は必殺技のインフレについていくことが出来ずに技を習得しても、2回目ではその必殺技は破られるという可哀想なキャラである。

それだけではなく、見た目はどう見てもブロッコリー、三国の母は勝利の女神と呼ばれているのに当の本人は疫病神扱いされているという可哀想なキャラで愛着が湧く。

第5位 イナズマイレブンGOギャラクシービックバン/スーパーノヴァ

ã¤ããºãã¤ã¬ãã³GO ã®ã£ã©ã¯ã·ã¼ ããã°ãã³ - 3DS

(出典:amazon.co.jp)

 

天馬世代の3作品目である。

あらすじ

事件は少年サッカーの世界大会のメンバー発表の日に起きた。

今まで共に闘ってきた仲間やライバル達が誰が選ばれるかと思っている緊張状態の中、選ばれた選手のほとんどは無名の選手だった。

無名の選手はサッカー経験0であり、サッカー経験者の天馬・剣城・神童は戸惑っていた。

このメンバーの中、アジア予選を勝ち抜いたが、そこに新たな刺客が現れ、負ければ地球滅亡の大会に誘われる・・・

5位の理由

この作品は個人的に深いと思った。

アジア予選編はトップクラスでつまらないのだが、宇宙編入ってからがとても面白い

皆さん、宇宙人の生態という物を想像したことがあるだろうか?

この作品に出てくる宇宙人には、誇りが高かったり心が見えたり、翼を捨ててサイボーグと化した鳥だったり寿命が短かったり、などと興味深いメンツが存在する。

第4位 イナズマイレブン3世界への挑戦 スパーク/ボンバ/ジ・オーガ

f:id:kuritanikoku0902:20180725015449p:plain

(出典:amazon.co.jp)

円堂世代の3作品目である。

あらすじ

ある日、円堂は監督の響木に呼ばれ、雷門中に向かう。

門中には今まで共に闘った仲間やライバルたちが集結していた。

集結していた理由は少年サッカーの世界大会FFIが始まるからだった。

そんな中、40年前に亡くなったと思われていた円堂の祖父から手紙が届き、彼はどこかで生きている事が分かった。

FFIを勝ち続けながら、円堂の祖父でありながら伝説のサッカー選手の大介に円堂は会うことが出来るのか。

4位の理由

この作品はよくスポーツ漫画である「今までの強者が集って、世界天下取ろう」パターンである。

普通の漫画はただ強い奴だが、イナイレ3は「え?なんでこんな奴いるの?」というメンバーもいたのが良かった。

世界の選手もカリスマ感があって、とてもカッコいい。

しかし、途中でいざこざもあったのだが、ラストバトルが凶悪の敵とかではなく、普通に最強のチームとサッカーして勝つというのが微妙かな。

第3位 イナズマイレブンGO2クロノストーン ネップウ/ライメイ

ã¤ããºãã¤ã¬ãã³GO2 ã¯ã­ãã»ã¹ãã¼ã³ ã©ã¤ã¡ã¤ (ç¹å¸ãªã) - 3DS

(出典:amazon.co.jp)

天馬世代の2作目である。

あらすじ

何もない平和な日常、天馬はいつものようにサッカーに燃えていた。

しかし、他の部員はサッカーの事や天馬に関する記憶をすべて失っていた

混乱する天馬の前に奇妙な少年が現れ、「お前からサッカーを消去する」と告げる。

時空を超えて、天馬以外がサッカーを失った起源を探しに行く。

天馬はサッカーを取り戻すことが出来るのか?

3位の理由

この作品の3位の理由はこの作品からの新キャラクターが濃いからである。

中でも僕がイチオシなのが、菜花黄名子ちゃんである。

f:id:kuritanikoku0902:20180406163127j:plain

(© LEVEL-5/FCイナズマイレブンテレビ東京)

 

容姿が可愛く声が可愛く性格が優しいという神の3拍子を持った女神だった。高校1年生の僕は毎週水曜日は見逃さずに見ていた。

だがしかし、この子は子持ちの人妻だったのだ。

これはこの作品のオチに当たる部分で、この子のために1年間がっつり録画までしてアニメを見ていたのに、これを知ったときに僕は形骸していた。

これがなければ、この作品は1位だったはず。それぐらい、この作品は完成度が高い。

おい、アスレイイイイイイイィィィィィィィ

第2位 イナズマイレブン2脅威への侵略者 ファイア/ブリザード

f:id:kuritanikoku0902:20180725015833p:plain
(出典:amazon.co.jp)

円堂世代の2作目である。

あらすじ

門中が少年サッカー大会フットボール・フロンティアを制して1週間。

門中の方角に隕石の様な物が降ってきた。

いざ行ってみると、破壊された学校と倒されたOB達。

エイリア学園」と名乗る謎のチームがやったようだ。

雷門イレブンは即座に彼等と闘うが敗北する。

全国から最強のメンバーを集めて、エイリア学園と死闘を繰り広げていく。

2位の理由

個人的にブラックな話が好きだから2位なのかもしれない。

この作品は「本来の雷門イレブンのほとんどが闘いについていかれず、全国の強者がどんどん仲間になっていく」ところが見どころである。

主人公の円堂はエイリア学園から世界を救うために強くなっていくのだが、それがついていかれなかった元メンバーからすると苦痛だった。

エイリア学園の最強チームを倒した後に、力に溺れてドーピングに手を染めているリタイア組が現れ、最終決戦を繰り広げる。

ここのシーンがなかなかブラックで面白い。

第1位 イナズマイレブン

f:id:kuritanikoku0902:20180725020007p:plain

 (出典:amazon.co.jp)

イナズマイレブンの1作目。

あらすじ

弱小雷門中のサッカー部はキャプテン円堂守以外は誰もまともに練習しない。

ある日、全国大会40年間無敗の帝国学園との練習試合で勝たなければ、雷門中サッカー部は廃部になることが決定した。

そこに、昨年準優勝校の伝説のストライカーの豪炎寺修也が雷門中に転入してきた。

そして、雷門中サッカー部は帝国学園に勝つことはできるのか?

1位の理由

この作品はイナズマイレブン原点で頂点である。

1位である理由は王道を行く誰でも

常人には出来ない必殺技の習得の裏には泥臭い練習があり、それを仲間とこなしていく雷門中サッカー部。彼等がどん底の中から優勝していくさまがとても面白い。

なによりも、この作品はライバルキャラが面白い。

忍者だったり、卑劣なオタクだったり、洗脳されてたり、神だったりと、、、

彼等にも彼等なりのサッカー哲学という物が存在しており、そこを見て行くのも一興。

最後まで読んでくださった人に向けて

今回の『歴代イナズマイレブン6作品のゲームのランキングを公開します!!』はどうだったでしょうか。
イナズマイレブンは現在もテレビで放送されており、毎週楽しみにしています。
この『よしはら漂流記』では、月に1回なんらかのランキング記事を書いております。
来月もどこかでランキング記事をあげるので、楽しみにしててください。

www.448ra.xyz

www.448ra.xyz