【自己紹介】マンペイに戻した訳。なんで、よしはらという名前だったのか。よしはらとして生きていた頃。全て語ります。

だわさ!マンペイです!2019年の夏休みとなりました。

なんだかんだ、ブログを2017年の10月から始めている物の対して進めていない件と

毎年のように自己紹介を書いている件は大変申し訳ないです。

 

今年の自己紹介は、『よしはら漂流記』から『マンペイ漂流記』にサイト名を変えた件ですね。

 

今年はよしはらではなく、マンペイとして自分の事を紹介していきます。

 

そもそも、マンペイとは何なのか。

僕のYouTube時代のユーザーネームです。

僕は18歳の頃(2014年)から20歳(2016年)の2年間は本当にYouTubeに打ち込んできました。

チャンネル登録者数は2000人ちょっとと、一般的からすると意味の無い物です。

それでも、界隈の中では、それなりに知られた存在でした。一部では伝説扱いもあったりw

しかし、僕がYouTubeにあげていた内容は、人の揚げ足を取った卑劣な動画ばかりでした。本格的に後悔をしている。

元々はそういうつもりで始めたわけではないのに、そういうの以外は需要がないやそういうのにしか才能がないと言われたり、そして色々な事が束縛されたり、色々な危険に巻き込まれたりなどがあって、全てが嫌になって逃げだしました。

このこともありつつ、普通の4年制大学から、通信制の大学に編入をしました。

そして、元々も苗字のよしはらを名乗りました。

 

よしはら

 

僕がよしはらとして生きてきたのは、2017年から2018年の約2年間。

僕は通信制大学編入しましたが、YouTubeの出来事が原因で友人を作るのを極力避けました。前の大学を辞めたのもYouTubeが原因のトラブルもあったりでそれもあったりでYouTubeをやっている奴だとバレないように必死でした。

 

はじめの半年はスーパーでアルバイトをしていましたね。

しかし、そこの上司はいわゆるパワハラ上司であの手この手で僕の事を苦しめてきました。思い出すだけでも気持ちが悪くなる。

 

半年間、働いた後はまたすぐにアルバイトをすると思ったが、この頃にクラウドワークスで在宅業務をするようになる。

しかし、マジで全く稼げなかった。月に1万行くか行かないかレベルで試行錯誤しても月3万が関の山でした。

 

そんな中、夏休みに入って、インターンシップに行こうと思いますが、全てのインターンシップに書類審査だけで落とされました。

インターンシップサイトの方の診断では、『あなたは集団向いてないので、海外行って働いた方がいい』となかなか無謀な診断結果でした。

本当に資金が尽きかけた頃に、UberEatsに出会います。

Uberやりながら、クラウドワークスでチマチマ稼ぐ生活をしましたが、月に使う額が多かったので、なんだかんだ赤字でした。月に3万なのが月に5万ぐらいに増えた感じだと思います。しかも、サボり癖がついて、なんだかんだ自己管理が無理になってきましたね。

そこから、11月ぐらいに、マジでバイトをしなければと色々な所を受けますが、人手不足とはいえ、大学中退で通信制編入したという所で色眼鏡で見られて、5件ぐらい落とされました。

諦めていた頃に、今のバイト先に出会います。まさかのそこでは、ほぼ即戦力みたいな感じになって、バリバリやらせていただいてます。

無駄にシフト入れてくれるので、普通に暮らしていけてますwww

 

ねえ、どうでもいいからマンペイに戻った訳を教えて

 

こういう事を言うのはあれですが、マンペイというのは異常者の象徴です。

よしはらというのは普通の人間です。

 

よしはらという名前の時は、本当に揉め事もなく、常に平穏で、もう前の大学やYouTubeの時みたいな揉め事はごめんと思っていました。

まあ、Twitterの人達の大半は、『マンペイ、日和ったな』や『マンペイ、つまらなくなったな』という感想が大半だったと思いますね。

そう思われてでも、平穏に生きていく事しか考えてなかったですね。

ですが、そんな平穏に風穴を開けられる。

2019年の5月8日の事だった。

僕は同じ大学の学生にキレて、からむーちょの袋を投げて、発狂をしてしまう。

 

それで、昔の血が騒いでしまって、数々の問題を起こしてしまう。

なんというのだろうか、サタンなんだよな。 マンペイと言う名前は。

結論

凄い。うどん食べたい。