シェアサイクル(赤チャリ)でUberEatsをしたら、大赤字になった件

お久しぶりです。よしはら(@448ra_)です。

最近、1人暮らし資金を貯めるためにバイトだけではあれなのでUberEatsを再び始めました。

Uberは半年ぶりぐらいやったので、昔と違って案件は増えていましたが、インセンティブやブーストはなんか劣化しましたねの感想です。

f:id:kuritanikoku0902:20190602154409j:plain

僕のNESTO君(クロスバイク)のチューブの調子が悪く、長距離運送は難しそうなので、前々から気になっていたシェアサイクルで1回やってみることにしました。

しかし、こいつとの出会いが残念ながら悲劇を迎えます。

ちなみにUBERについてはこの記事で述べています。

赤チャリとは?

ã赤ãã£ãªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

都心とか行く人は分かると思いますが、携帯でお馴染みのNTTドコモの傘下グループがやってるレンタルチャリのことです。全身真っ赤の自転車なので、赤チャリと呼ぶ人が多いです(Uber勢に多い)。

レンタルチャリなので、他人が充電0にしやがったと腹立つことは多いんですが、電動自電車なのでクロスバイクより全然早いし坂はらくらく登れますw

1回150円で30分ごとに100円という1回プランと月額2000円ではじめの30分は乗り放題という月額プランというのが代表ですね。大体都心Uberだと、3時間で3000は確実に稼げるレベルなので、元は確実に取れます。まだ、1回プランですが、6月から月額プランですねw

スマートフォンとクレジットカードとメールアドレスがあれば、できます!

アプリは↓から

ドコモ・バイクシェア ポートナビ

ドコモ・バイクシェア ポートナビ

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

なぜ、僕は赤チャリで大赤字になったのかwww

f:id:kuritanikoku0902:20190603233241p:plain

クロスバイクだと30分に1配達が限界なんですが、赤チャリだと20分で1配達が可能だったりするので、1配達が500円だとすると、3配達で1500円稼げて、赤チャリ使っても元は取れます。坂道が楽なので、クロスバイクよりも疲労感はないです。そんないいことつくしなのに、どうして赤字が出たんでしょうか?

 

f:id:kuritanikoku0902:20190603234741j:plain

簡単な話です。TSUTAYAやゲオみたいなレンタルビデオ店で返すのがめんどくさくなって、返却が1日遅れたとします。どうなるでしょうか?

 

答えは物凄く高い延滞金が待っている

同じことです。僕は赤チャリを返したつもりだったんですが、施錠しただけで返却扱いになってなかったぽいです。

赤チャリの返却について

f:id:kuritanikoku0902:20190603141400j:plain

赤チャリの返却は

1.ポート内に入る

2.そこで鍵をかける

3.ENTERキーを返却という表示が出るまで押す。

 という流れです。

僕は3の作業をしたと思ったのに、実はされていなかったという件です。

実際、ここでは6000程度の金額になっていますが、おそらくこの手のミスを2回したので、1回のミスで2000円ぐらいは飛んでいますw

施錠してから30分経ったら延滞金発生

TSUTAYAなどの延滞金は返却期限内に返さないとアウトですが、赤チャリの延滞金は施錠してから30分以内にENTERキーを押して返却をしないと、返す意思がないとみなされて、延滞金が発生します。

30分以内って完全に鬼ですよね。でも需要のある場所だと、すぐに使いたい人がいても使えない状態になるので、30分というのはそれでもNTTドコモさんの恩恵なのかなとは少しは思います。

延滞金が発生しない対処法

ここは赤チャリの難点と言っても過言じゃないんですが、夜に返却しようとするときに、施錠の文字や返却の文字が普通に見にくいです。

返却したら、可愛い効果音がなったら嬉しいなと思ったりもするんですが、ただの無い物ねだりですね。

返却をしたと確信した時は、登録したメールアドレスを見てください。

f:id:kuritanikoku0902:20190602160036j:plain

施錠した時と返却した時は上のようなメールが届きます。

もし、施錠のメールしか届かなかったら、その瞬間に赤チャリを止めたポートに戻りましょう。施錠しかされていないので、ENTERを押して施錠しましょう。

これを習慣付けることによって、確実にミスは減ります。

赤チャリの可能性

f:id:kuritanikoku0902:20190603134534j:plain

ここまでは、赤チャリのネガティブな所に触れてきたんですが、赤チャリ自身はかなりの優れものです。

元々、僕は自転車持っている奴がわざわざ月2000円もかけて、通学に使ったり、UberEatsする奴なんかいるの?と真剣に思っていました。

僕は定期券を安くするために、学校行くときは3㎞先の最寄りでもない駅まで自電車で通っていました。

しかし、そこには心臓破りの坂があり、赤チャリの悦びを知ってしまってからは完全に赤チャリに依存ですね。

値段がかかるから、Uberで元を取ったりしたりするなどの工夫をするようになりました。

自分自身、宮城の仙台が物凄く好きで、今は仙台や大阪や北海道などでも普通に使えます。

観光とかする時に、折り畳み自電車(Roverちゃん)を愛用してきたんですが、今となったら完全に赤チャリ大先生ですね。マジで感謝。

ごめんね、Roverちゃん。元気にしててね。

赤チャリ乗ってUberEatsやろう!

f:id:kuritanikoku0902:20190603225019j:plain

最後にUberEatsの勧誘みたいな感じになるんですが、赤チャリ乗ってUberEatsやりませんか?

UberEatsは会社員の副業やスキマ時間のある学生がやる感じですが、僕は仕事が出来ない自分に辟易して自信が持てない方にUberEatsをやってもらいたいと考えています。

これ、またもや自分語りになるんですが、僕がUberEatsを始めた時は前に勤めていたアルバイト先での出来事が影響で、仕事に対しての自信という物が根本から折れてしまい、夜中になると常に布団の中でこのままどうやって生きていけばいいのだろうと考えていました。

ある夏の日にTwitterのフォロワーさん経由でUberEatsについて知り、3日後には恵比寿オフィスに足を運んで始めてみました。

はじめてみたものの、一番初めの仕事ではお客様のジュースをこぼしてしまい、お客様に冷たい目線を送られて終わったと考えましたが、その日の反省をメモして、試行錯誤を繰り返し、次の仕事で成功しました。

こんな感じの小さい積み重ねがあって、今のアルバイト先でも上手くいっている節があったりします。

仕事に対して自信という物が根本的に折られた人のほとんどは努力した結果故に折られた人が多いと考えています。 

だからこそ、大きい物を積み上げて欲しいからこそ小さな積み重ねをしてもらいたいなと考えています。

言葉足らずで申し訳ありません。

UberEatsの申し込みはこちらから。